むだ毛処理ビキニライン

Vライン・ビキニラインのムダ毛処理

とてもデリケートなVライン・ビキニラインの処理を、自分で、カミソリでなんて、処理していませんか?Vラインはとてもデリケートな部分なので、そのような方法で処理することは、絶対にやめた方が良いです。

 

カミソリやシェーバーで処理してしまうと、肌が傷いてしまったり、更には黒ずんでしまったり、また、毛抜きで無理やり抜いてしまうと、毛穴が埋没して黒い点が残ってしまったりする事があります。

 

私も上記のようなミスを散々経験してきましたが、結局、Vライン処理の一番おすすめの方法は、プロの専門家に処理していただくことだということに、ようやく気づきました専門家だけに、とてもきれいにしてくれますよ。

Vライン・ビキニラインは非常にデリケートなところ

Vライン・ビキニラインのお手入れは水着を着る夏だけ必要という感じがしますが、実際は、ほぼ1年中脱毛処理が必要な個所なんですよね。

 

昔と違って現在は、スポーツクラブのスイミングプールで泳いだり、特にショートパンツをはくときなんかも、気を使わないといけませんよね。当然彼氏の前では、全く未処理の状態でいるわけにもいきません。なので現在では1年中脱毛ケアが必要な箇所になってしまっています。

 

ムダ毛処理の方法には、

 

■カミソリで剃る
  もっとも手軽で簡単な方法ですが、毛が生えてくるのが早いですし、非常に大きなリスクを抱えています。

 

■ワックスや毛抜きで抜く
  抜くときの痛さったら、それはそれは涙モノ、しかもこちらも大きなリスクを抱えています。

 

■除毛クリームで溶かす
  除毛クリームも一見手軽にできるものですが、除毛クリームは毛を溶かしてしまう働きのあるもののため、
  特に肌の弱い人には赤くかぶれたりすることもあり、こちらもリスクが高い除毛方法です。

 

 

Vライン・ビキニラインは、言わずと知れた、とてもデリケートなところです。それだけに、ムダ毛処理に関しても細心の注意を払って行う必要があります。

 

特に毛抜き等で無理やり抜いてしまったりすると、その時毛穴が開いてしまって、空いた毛穴に雑菌が入って繁殖し、炎症を起こしたり、感染症を引き起こしたり、更には大事な部分にも感染が広がったりと、そうなると単なる炎症だけにはとどまらない重大な事態になってしまう可能性もあるくらい、Vライン・ビキニラインのムダ毛処理は細心の注意を払ってしなければならない箇所なのです。

 

わたしもVラインの処理で、毛が以前より濃くなったり、太い毛が生えてきたり、処理した箇所が黒ずんできたりと、どれだけひどい目に合ってきたかわかりません。

 

特に子の箇所は彼氏に見られるところでもあるから、余計にいい加減な、安直な方法で済ませてしまうなんてことは絶対におすすめできません。

 

私は現在は、Vライン・ビキニラインに関してだけは、必ずプロの専門家の脱毛師の方にお願いして処理していただいています。